« USENとライブドアの比較 | Main | 企業結合会計基準~原則時価買収 »

グレーゾーン金利は必要悪か?

アイフルが業務停止になりました。http://www.asahi.com/business/reuters/RTR200604140061.html

「消費者金融悪」、「グレーゾーン金利悪」という流れが出来つつあります。

日経朝刊4/14朝刊7面によると次のような状況です。

  • 2005年の自己破産件数は約19万2000件
  • 二年連続で前年を下回ったものの、10年前の約5倍の高い水準が続いている
  • その一つが多重債務

この状況を、「消費者が守られてない」と見る向きもありますが、かならずしもそうとは言い切れません。消費者の中には、消費者金融が強引な取立てを出来ないことを知った上で、返済を放置したり、返すつもりもなく複数の消費者金融から借りれるだけ借りて、自己破産を恥ずかしげもなくする人もいます。

自己破産の件数が多いというのは、それだけ消費者金融が「借金を棒引き」しているということであり、被害者は消費者金融です。消費者金融でグレーゾーン金利いっぱいの29.2%でしか借りれない人というのは、「破産する見込みのある人」です。これらの人の4人に一人が自己破産をすれば、残りの人が29.2%の利息付で返したとしても、消費者金融側は厳しいでしょう。

消費者を守ろうと「取立ては緩く」「自己破産を簡単に」した結果、多重債務者が大量に出ているという面もあると思います。

|

« USENとライブドアの比較 | Main | 企業結合会計基準~原則時価買収 »

Comments

確かにモラルハザードが発生していますな。
NET証券の信用取引でも自己破産が簡単に起きている模様。

それはさて置き、金利の話。
そもそも金利水準は市場に任せるべきだと思っています。
返してくれそうな度合いを貸手が見積もる、これ健全です。
それがいやなら貸さないし借りなければよい。簡単な話。

が、ここまでモラルハザードが蔓延すると上限金利を下げるのは日本の治安にとってよいことだと思っています。借りれなくして早めの退場を宣告するんです。
そもそも、この手の人達、ゲームオーバーを宣告されるまで、借り続けますよ。
消費者金融が宣告するか、闇金が宣告するかの違い。下手すると強盗殺人です。
どうせゲームオーバーするんだから傷が軽いうちにご退場願いましょう。

「ご利用は計画的に」ではなく、「借りたものは返してね!」って熊田曜子に頼まれたら僕なら返します。

Posted by: 蒲田の投機家 | 2006.04.15 11:01 PM

>どうせゲームオーバーするんだから傷が軽いうちにご退場願いましょう。

これ大賛成です。身の程は早めに知っていただきたい。

もし規制を強くするなら、返済期限を過ぎてどっかの時点で、自動的に強制執行する仕組みがあってもいいかと思っています。強制的に自己破産させるのと変わりませんが、ゲームの参加資格をはっきりさせるにはいいと思っています。

Posted by: 山本ゆうご | 2006.04.16 05:37 PM

銀行は、国から多くの消費者、国民から預金を集める権利を与えられ、この預金で営業を行っています、しかし、消費者、国民の求めに応じて低金利の融資はあまり行っていません。それどころか、消費者金融には多額の融資をして、多重債務者を生み出す原因を作っています。
銀行が本来の使命を果たしていなかったから、これをチャンスとばかりに消費者金融が急速に広まったのです。
だいたい、グレーゾーン金利は利息制限法に違反してるんですよ。だから必要悪もなにもないと思います。
あと、自己破産する人の破産理由の中で、浪費、遊興費はわずか3.7パーセントにすぎません。
マスコミに踊らされてますよ。

Posted by: はじめまして | 2006.08.21 01:54 PM

ブランドコピーブランド専門ネットショップで、ファッション時計,バッグ,財布とその他の世界一流ブランドコピー激安販売。
弊店のブランド コピーブランド時計は日本全国送料手数料無料です。
ブランドコピー品の華麗さや実用でお客様に驚喜を与えます。

Posted by: ブランドコピー | 2021.12.09 09:00 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference グレーゾーン金利は必要悪か?:

» グレーゾーン金利とは [最強!覚えなければ恥をかく用語集]
先日出張中の弟からメールがあり、 「グレーゾーン金利って何や?」 と質問があったので、 ついでに掲載しておきます。 [Read More]

Tracked on 2006.04.25 01:26 AM

« USENとライブドアの比較 | Main | 企業結合会計基準~原則時価買収 »