« クロス取引広がる | Main | 景気回復を実感できない人は自分のことしか考えてない »

ANOYOの感想

ANOYOおまけについているCDの感想。以下、批判的です。

江原氏は、盛んに「今は物質信仰になってしまった」「モノが神様になってしまった」ということを嘆いています。ここに強く引っかかる。それは戦後間もない発想であって、イマドキモノで釣られる人は少ない。

特に子供。モノでは満足しません。100円ショップで普通のおもちゃが大量にある。外食のお子様セットのおもちゃのクオリティも高い。モノで喜ばせるのは至難の業。ゲームもあるけど、ゲームそのものの面白さというよりも、友人とのコミュニケーションツールとしての役割が大きい。

大学生レベルでも、車が欲しいというニーズは減ってきている。それよりもケータイ代に消えている。

魂に対する存在としての「モノ」をつるし上げて、二分法で「モノじゃなくて魂だよね」というと響きはいいのだけれど、モノに執着している人が激減しているのだから、前提が崩れている。

じゃぁ、うちの子供たちは何に喜ぶのかって言うと、こんなところ。

  • 入園
  • 運動会
  • 遠足

イベントに対してテンションがあがっているよう。どんなに頑張ってプレゼントしたものよりも、運動会でもらったおもちゃの金メダルの方がうれしいのです。

私個人も、モノはあんまり持ちたいとは思わない。テレビもブラウン管だし。

|

« クロス取引広がる | Main | 景気回復を実感できない人は自分のことしか考えてない »

「本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43361/12780300

Listed below are links to weblogs that reference ANOYOの感想:

« クロス取引広がる | Main | 景気回復を実感できない人は自分のことしか考えてない »