« 消え行く速記者 | Main | バイオエタノールの生産目標 »

「論語」(加地伸行)

論語―ビギナーズ・クラシックス中国の古典

存在は知っていたけど、食わず嫌いだった「論語」をついに読んでみました。ものすごくやさしく解説してある本。

この本の対象となる読者は、ずばり「中学生」。なのですごくベーシックなところから説明してくれる。「格式の高さ」を押し付けたりしていない。

論語が孔子の言葉をまとめたものだってことくらいは知識として知っていたのだけれど、お釈迦様と同じ時代の人だってことは今回初めて知りました。めちゃくちゃ昔じゃないですか。なのに、書いてあることは、すごくロジカル。少なくとも「お経」ではない。唱えていればいいというものではなく、理解したり共感できる文章になってる。

孔子は、

  • 私立学校(≒塾)を開いて学問として教えていた
  • 最終的に政府に影響を与えた

という点で、日本で言えば福沢諭吉って感じ。

|

« 消え行く速記者 | Main | バイオエタノールの生産目標 »

「本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43361/12588789

Listed below are links to weblogs that reference 「論語」(加地伸行):

« 消え行く速記者 | Main | バイオエタノールの生産目標 »