« January 2008 | Main | March 2008 »

仕事がないなら愛知に行けばいいじゃない

日経2/24朝刊「働くニホン 第三部 仕事の値段4」より、愛知県に若者が結構出稼ぎにきているという話題。

  • デンソーの話
    • 愛知県刈谷市を中心とする工場群において
    • 約3300人の沖縄県出身者が働く
    • 2001年頃から増え始め過去六年で8倍
  • 県別の賃金格差(2007年基本給)
    • 沖縄県は月27万7400円で都道府県別最下位
    • 愛知県は31万6000円で全国4位
  • 移動者数
    • 2006年に沖縄から仕事を求めて県外に出た人は5年前より5割多い6700人
    • 愛知県が県外から受け入れた人は3割増の8万2800人
  • 求人倍率(昨年12月)
    • 沖縄は0.42倍
    • 愛知は1.81倍

記事では、仕事を求めて沖縄から愛知県に3回目のデンソー期間従業員をレポートしていました。生活費は余分にかかりますが、そこからまだ仕送りができるので、結果的に全員が豊かになってはいる。

地域間の格差を誰かのせいにして何も動かないことよりも、自分がもっとも価値提供できるところに移動するというのは至極まっとうな意志決定です。お金の動きだけではなく人材も流動性があることそのものが、価値を最大化するための大前提です。

県による景気の格差をなげくケースもありますが、愛知県はどこかの誰かにばらまいてもらったわけではなく、自力の努力でトヨタ城下町を作り上げたわけで、そこは純粋に努力の差です。県外の人材にも仕事を作りだし、仕送りまで生み出すという貴重な存在です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

携帯フィルタリング方式一覧

日経2/24朝刊7面より、携帯各社のフィルタリングサービスの一覧があったのでメモ。

サービス名 方式 認定サイト数
NTTドコモ
キッズiモードフィルタ ホワイトリスト 約1万
iモードフィルタ ブラックリスト -
KDDI(au)
EZ安心アクセスサービス
接続先限定コース ホワイトリスト 約2000
特定カテゴリ制限コース
(3/6から)
ブラックリスト -
ソフトバンクモバイル
Yahoo!きっず ホワイトリスト 約70
ウェブ利利用制限 ブラックリスト -

が未成年者の新規契約時に、親権者の申し出がない場合のデフォルトのサービス

ということです。つまり未成年のデフォルトは、ソフトバンクモバイルだけがブラックリスト方式であとはホワイトリスト方式ということ。そんでホワイトリストはさほど多くはない。

これらのフィルタリングサービスのきっかけは、総務省からの要請。昨年の1-6の出会い系サイトに関係した事件の被害児童者数は604人で、その95%以上がケータイ経由というからわからんでもない。

サイト側としては、サイトの安全性をアピールする必要があり、ケータイSNSで最大のモバゲータウンは、450人の監視体制にするとのこと。モバゲータウンの会員数は865万人(2007.12末時点)なので、2万人の会員に対して一人の監視体制。

これで十分と認められれば一つの相場として成り立ちます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

東芝のHD-DVD撤退の報道の仕方にイチイチ突っ込んでみる

東芝がHD-DVDから撤退する見込み。報道の仕方にイラっとするところがあるので、イチイチ突っ込んでみる。

ロイターはそっけないので突っ込みどころなし。
東芝が「HD DVD」方式から撤退で最終調整、規格争いは収束へ | Reuters

読売は突っ込みどころあり。
東芝「HDDVD」撤退、規格争いブルーレイに一本化 : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「HD DVD」事業からの撤退で、東芝の損失は少なくとも数百億円規模にのぼる見通しで、経営への打撃は避けられない。

逆に数百億円で済んだという見方もできる。東芝の経営規模なら「早めの損ギリ」の感覚がある。

しかし、互換性のない二つの規格の併存は、消費者の買い控えも招き、規格争いの早期終結を望む声が高まっていた。

もともと高価だからどっちもそんなに買われてない。むしろ競争しているからこそ、急速に低価格化していたと言える。低価格が売りのHD-DVDがさほど低価格を売りに出来なかったというのも、ブルーレイがその競争の中で価格を下げてきたからでしょう。

日経を見ると、どうも決定的なポイントは販路にあるよう。
NIKKEI NET(日経ネット):米国 ニュース -アメリカ関連のニュースを速報

ビデオソフトの4割の流通を握るウォルマートがブルーレイを支持し、ハード・ソフトともにブルーレイのみの支持になったというのが、とどめを指したということでしょう。

MSN産経も、競争というものを理解していない。
HD買った人はどうなる 東芝撤退、規格戦争の果てに消費者置き去り - MSN産経ニュース

前回のVHSとベータ戦争に続き、次世代DVDでも“日本発”の規格争いが世界中の消費者を巻き込むことになったわけだが、メーカーの論理に立った消費者不在の製品開発の危うさを再び示すことになった。

私はベータを持っていましたが、激しい競争のおかげで安いVHS2台に買いかえることができました。ベータだけになれば良かったなどとは思っていません。イチ消費者として、安いVTRが手に入ったことは競争の賜物だと感じています。

それこそ、なんちゃらコンソーシアムという名で大量のメーカー名が並んだ規格はまず、「誰も広める気がない」ものになります。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

30年使えるオーディオも大事だと思う

今日昔ながらの制服屋にいくと、そこでかかっているラジオが結構古Icf53001かった。

こんな感じのやつで、30年くらい前のソニーのラジオなはず。

これが健在だってって事にも驚きだけど、ユーザにとってみれば、変わらぬ価値を提供してくれるという点ですばらしい機器。

惜しむらくは、その価値がソニーの売上には結びついていないということ。だから売上だとか販売シェアだけで提供している価値を判断しちゃぁいけない。

2年もすれば充電池の寿命が来てハード全体を買い換えなきゃならないような機器にくらべると、「長持ち」という価値はもっと評価されていい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

米ヤフー、マイクロソフトの買収提案を拒否か 米紙報道

米ヤフー、マイクロソフトの買収提案を拒否か 米紙報道

インターネット検索大手の米ヤフーが、ソフトウエア最大手の米マイクロソフト(MS)からの総額446億ドル(約4兆7800億円)の買収提案を拒否する方針だと複数の米紙が9日報じた。MSの買収額が低すぎると判断したことなどが理由とみられる。

低すぎると言っても、MSが提示している買収額は、提案直前の株価の6割増しなわけで、それが安すぎるというのなら、平時のYahoo!株はどんだけ安いんだって話です。

おそらくは買収価格を吊り上げる戦略でしょうが、これでMSが買収を断念した際には、その6割の利益が飛んでしまうわけで、それに見合うだけの成長を株主に見せる必要があります。

ことMSに関して言えば、Y!を買収できなくても、PC上のOS事業は磐石で投資を絞るだけで、いくらでも利益を捻出できる体制にはなっています。直接の競合だったAppleコンピュータでさえ「Windowsが動く」ということを売りにしている状態です。

交渉が決裂した場合の、しんどさはMSよりもY!なのではないでしょうか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

記憶装置なしパソコン、海自が3万台全面導入・10年度までに

記憶装置なしパソコン、海自が3万台全面導入・10年度までに

防衛省は機密情報の流出防止を狙い、記憶装置を持たないパソコン「シンクライアント端末」を2010年度までに海上自衛隊に全面導入する。海自のパソコンのほぼ全量に当たる約3万台を対象に、米国防総省が使う米サン・マイクロシステムズ製の端末に置き換える。国内でのシンクライアント端末の導入台数では過去最大とみられる。昨年明るみに出たイージス艦の情報流出事件などを受け、防衛情報の厳格管理が国際的に求められているのに対応する。

日経2/10朝刊から追記

情報システムからの重要情報の流出が相次いでいるのを受け、国内のシンクライアント端末市場は急拡大している。IT調査会社のIDGジャパンによると11年の市場規模は50万台超と06年の6倍に膨らむ見通し。

Javaが登場した90年台後半から、記憶装置を持たないシンクライアント構想はずっと宣伝されてきましたが、なかなか浸透せず。

そもそもゴリゴリのWindowsが登場する前は、全てのPCは「端末」と言ってたくらいで、全てがシンクライアントでした。それが、ローカルPCでの処理に分散化されてきたというのはそういうニーズがあるからでしょう。

最近の情報流出事故は、単にローカルPCで作業したというだけではなく、個人ユースのPCに業務データを入れていたり、なおかつP2Pソフトを利用しており、なおかつウィルス対策ソフトを利用しておらずという、幾重にも問題が重なっていました。シンクライアントを売り込む業者は、「HDDが諸悪の根源です」というかも知れませんが、悪いのは人です。

また、ローカルPCで処理をしない、社会保険庁の端末からも普通に個人情報は流出していました。ネットワークで集中管理をしたとたんに、従業員の大半からアクセス可能になるという弊害も出ます。他人のローカルPCからデータを盗むよりもずっと簡単でしょう。もちろん運用次第でなんとでもなるのですが、仕組みさえ導入すればいいという思想でお高いソリューションを導入する姿勢では、正しい運用は期待できません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

セブンイレブンのATMは結構大変

日経2/6朝刊金融面より、セブン&アイのATMがすごいことになっているという記事。

  • ATMの年間利用件数は2007年度見込みで約5億件
  • ATM一台に充填する現金は2000万円
  • ATM1万3000台で2600億円が必要

機械じゃなくて、運転資金として大量の資本が必要というところが恐ろしい。

仮に現金の調達コストが1%上昇した場合、年間26億円の金利負担が生じる。5%なら、セブン銀の純利益(07年3月期で126億)が吹き飛ぶ計算だ。

大量の運転資本が、自己資本であっても、それはどこかに預ければ自動的に金利がつくものですから、機会費用としての金利はかかっています。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

空港会社への外資規制導入に異議あり

日経社説、「空港会社への外資規制導入に異議あり」より。

国交省は投資ファンドなどが空港の経営権を握り、空港利用料などを不当に引き上げる懸念も指摘している。だが、これは外資に限らず、国内のファンドや企業が株主になっても同じ事態は起こりうる。こうした懸念を封じるには、資本規制でなく、利用料金を認可制にするなど行為規制で対応すべきである。公共性の強い価格について、政府が一定の権限を持つことの必要性は私たちとしても理解できる。

外資に開放されてない日本の空港が、既に世界最高クラスの空港使用料になってしまっているというのは皮肉な話です。空港を利用させる気がなく、工事をすることが目的化しているからでしょう。

社説では価格に関して政府が権限を持つように指摘していますが、政府に経営センスがないと、むしろ高い価格に設定してしまう可能性さえある。既にタクシーでは逆特区が発生して、価格と参入を硬直化させています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ケータイ、二台目は恋人専用

日経2/2朝刊31面より、携帯電話を2台持つ人が増えてきたという記事。

  • ヨドバシAkibaでは
    • ソフトバンクの新規契約件数の7割以上がDoCoMoなどの別のケータイを持ちながらの2台目需要
    • ソフトバンクがホワイトプランを導入してから増え始めた
  • ビックカメラ池袋本店では
    • 昨春移行、2台目として購入する人が前年と比べて3倍程度増えている
    • 月額2900円で通話し放題のウィルコムが人気
  • ジョーシン新大阪店では
    • 月間約40件あるウィルコムの新規契約のうち半分以上が二台目
    • 20-40代はソフトバンクが多いが、ホワイトプランは夜は適用外なので、夜間に話すことの多い10-20代はウィルコムを選ぶ傾向に
  • デオデオ袋町店(広島市)では
    • 1月のウィルコムの契約60件のうち約40件が二台目
    • 女子高生が友達と一緒に購入するケースが多い
  • インプレスR&Dによると
    • 携帯・PHSを二台以上所有する人は13%
    • 今後予定をしている人は6%

毎月の通話料金がホワイトプランの基本料金(980円)以上かかる場合、通話専用ケータイを持つほうが安くなる計算なので、なるほどです。

今は確かに二台目ですが、キャリアを変えるための「のりしろ」として考えると、じわじわとスイッチするかも知れません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世界携帯販売、ノキアのシェア4割に

世界携帯販売、ノキアのシェア4割に・米社調査他、日経1/31朝刊より。

携帯電話機の世界市場での販売台数は2007年に前年比12.4%増の11億4410万台に達した。最大手のノキア(フィンランド)はインド、中国など新興国で販売を伸ばし、世界シェアが4割近くに達した。韓国のサムスン電子は米モトローラを抜いて2位に浮上した。

 米調査会社IDCによると、ノキアのシェアは07年10―12月期では40%に達した。年間を通じても38.2%と2―4位を合わせたシェアを上回った。

他、日経朝刊から2007年の携帯電話世界シェア。(米IDG)

順位
(前年)
社名 販売台数
(百万台)
市場シェア(%)
1(1) ノキア 437.1 38.2
2(3) サムスン電子 161.1 14.1
3(2) モトローラ 159.1 13.9
4(5) ソニー・エリクソン 103.4 9.0
5(4) LG電子 80.5 7.0

まぁいつものメンバーです。首位のノキアの平均販売単価は86ユーロ(約1万3600円)と2006年比で10ユーロほど下がっています。単価が下がっても規模の経済が働いて増益になている。

一方日本のケータイはより高機能でより高単価になっていますから、世界の趨勢とはチト違う。ケータイハードのビジネスというとどうしても、スマートフォンばかりに目がいきがちですが、ノキアが成功しているのはそういうところではない。

| | Comments (87) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »