« インテル、新興国の学校向けに300ドルパソコン | Main | 「見切る! 強いリーダーの決断力」読みました »

三菱UFJの統合の規模

システム統合「史上最大の作戦」始動・三菱UFJ、5日計画決定

三菱東京UFJ銀行は5日に開く取締役会で、旧東京三菱と旧UFJで異なる基幹システムを12月に完全統合することを正式に決める。史上最大規模のシステム構築で、5月から順次新システムに移す。年内にATMを9回止めて作業を進めるが、1日1億件もの取引をこなすシステムで障害が起きれば大混乱必至。経営陣の進退がかかった正念場となる。

 「おそらく世界最大。古代エジプトのピラミッド建造に匹敵する動員規模だ」とある情報システム業界関係者は語る。(07:00)

さらに、同日の紙面からも引用。

総額 3300億円 金融界最大
開発 11万人月 ピラミッド建設並み
人員 ピーク時6000人 兼務を入れると8000人が関わる

ということで、スゴイ規模らしい。金融系のエンジニアというのは、3万~4万らしい。なので、このタイミングで2~3割のエンジニアが三菱UFJ統合に関わる計算とのこと。

どっかの急造会議室で大量に人がいるはず。弁当屋でも始めれば需要があるんじゃなかろうか。

|

« インテル、新興国の学校向けに300ドルパソコン | Main | 「見切る! 強いリーダーの決断力」読みました »

「プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

Comments

そのピラミッド建造に値する3300億円かける肝心のシステムは、比較的新しいとされるUFJ系ではなく、三菱系を原型にするとの事らしい。
ここに邦銀の救済側、被救済側のショボイ非経済合理性が垣間見れます。真剣に儲ける気がないのか?と不安になりますね。頭取人事もしかり。見てる方向に違和感があるね。
こんな事じゃサブ問題で痛んでいる米金融機関、ツレ下げしている日本好立地不動産REIT等への投資チャンスを考えることにパワーはあまり割かないのであろう。。。
なのでN證券はもう少し、もちそうかな。

Posted by: 蒲田の投機家 | 2008.04.09 at 11:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43361/40775449

Listed below are links to weblogs that reference 三菱UFJの統合の規模:

« インテル、新興国の学校向けに300ドルパソコン | Main | 「見切る! 強いリーダーの決断力」読みました »