« 三洋、エネループ増産 | Main | ケータイでのMSの存在感 »

MSが一ドル売り上げるたびに、パートな企業全体で8ドル近い収入が生まれる

日経2008/06/22朝刊地球回覧より、ビルゲイツのこれまでの功績について。ソフトウェア産業そのものをつくりだしたという記事。

調査会社IDGによると、世界のIT(情報技術)業界で3500万人が働く。うち基本ソフト「ウィンドウズ」などMS製品に関わる人が4割を占める。MSが1ドルを売り上げるたびに、パートナー企業全体で8ドル近い収入が生まれる。

巨大な城下町ができあがっているという状態。日本国政よりもはるかに世界経済に与える影響は強いでしょう。カンファレンスなどにいっても、MSゾーンのブースの中に大塚商会などのパートナー企業が出展していたりします。

もちろん金のつながりと情のつながりは別物で、MSをライバル視している企業もやまほどあります。ビルゲイツが寄付した学舎で学んだ学生が、Googleを興し、今やMSを脅かしていたりと、MS帝国の外でも大きな意味での生態系が出来つつあります。

ウィンドウズ帝国を築いた英雄だけでなく、シリコンバレー企業を奮い立たせる適役。その役割を見事に果たしてきたことがゲイツ氏最大の功績かも知れない。

MSの城下町に入るもより、別に城を建てるもよしってことです。本当にMSを脅かす存在になりたいのなら、単に売り上げ規模でMSに近づくというだけではなく、「どれくらいの雇用を生み出したか」という視点もあれば、本当に城下町ができる。

|

« 三洋、エネループ増産 | Main | ケータイでのMSの存在感 »

「テクノロジー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43361/41610055

Listed below are links to weblogs that reference MSが一ドル売り上げるたびに、パートな企業全体で8ドル近い収入が生まれる:

« 三洋、エネループ増産 | Main | ケータイでのMSの存在感 »