« かんぽの宿の価値はいくらなのか? | Main | 板東眞理子氏のガラバゴス論 »

情報端末観点で鞄の中身紹介

自分の鞄の中を紹介。特に「情報端末」という観点で。

  • まずPCは実はあまり持ち歩かない
    • 会社にもPCはあるし、家にもある。通勤時間の1時間PCにつながっていなくても困らない。
    • PCから使うのは、他の端末からでも同期がとれるようなものばかり
      • Gmail
      • Googleカレンダー
      • LivedooReader
  • ケータイ
    • 移動中はケータイでネットにつながる
    • ケータイiGoogleでRSSリーダーを見る
    • ほとんどのブログサービスはケータイも対応している
    • gmailもケータイから見る(急ぎの時にはケータイから返信もする)
    • googleカレンダーもケータイから使う
  • 日経新聞
    • 毎日読む
    • 会社に着くまでの1時間弱で最後まで
    • あとでブログに書くところには赤ボールペンでメモ
    • 一面にはメモを書いたページ数を書いておく
    • NikkeiNetにも載ってない情報が多いのでまだまだ新聞は重宝
  • 書籍
    • 帰りの電車での読み物。自分で買うこともあるし、図書館の本もある
  • 付箋
    • 書籍のいいところに付箋をはるため
    • あとはオフィスでもすぐに付箋が貼れると便利
  • ボールペン
    • パイロットのフィードGP3という3色ボールペン
    • 青でタスクを書いて、赤で消すという自分メモ用
    • 黒は対外的なサインやアンケートなど
    • ローソンで再調達可能
    • 本体が安価でありながら、替芯も売っている
  • メモ帳
    • A6キャンパスノート
    • スケジュールはgoogleカレンダーでやっているけど、一日のタスク管理は1ページ1日で管理している
    • 一日のタスクは青で書いて、タスクが終わると赤で消す。ページが紫っぽくなっていればタスク完了
    • サービス企画の素案もここで考える
    • ジーンズのポケットにも入るサイズ
    • コンビニで一番多く流通しているサイズ
    • 考えながらメモをとるのにも使う(アーカイブはデジタルで行う)
  • 印鑑
    • 今の日本では、紙の書類に印鑑を押して本人確認をするケースは多い
    • ネットで言えばパスワードのようなもの
    • FAXで発注を駆ける際にも、印鑑+FAXということもある

実は「普通のサラリーマン」並とも言える。

自画自賛をするポイントは、GEEKにしてはインターネットだけではないというところ。ネットではカバー出来ない領域は、情報収拾であれ、情報発信であれ、紙やはんこは積極的に使う。ネットか紙かなんて議論自体が意味がない。「両方使えるようになれ」がファイナルアンサー。

これが全て鞄に入っている(たいした量じゃない)。会社はフリーアドレスで、この鞄にノートPCが加わると、それで一日の仕事も出来てしまう(ここで印鑑が必要)。

|

« かんぽの宿の価値はいくらなのか? | Main | 板東眞理子氏のガラバゴス論 »

「GTD」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43361/44064008

Listed below are links to weblogs that reference 情報端末観点で鞄の中身紹介:

« かんぽの宿の価値はいくらなのか? | Main | 板東眞理子氏のガラバゴス論 »